早漏がもたらす問題点|早漏防止は早漏の原因を知る事が重要

コンプレックス退治~早漏編~

早漏がもたらす問題点|早漏防止は早漏の原因を知る事が重要

性行為と早漏

何事も練習と本番には違いがあるものです。
それは性行為の際にも、当てはまる事かもしれません。
性行為の練習に当たると言われているのが、いわゆる自慰行為です。
近年ではストレス解消方法として自慰を推奨する教科書などもあり、継続的にそれを実践している若者も珍しくありません。
ただ、自分の満足ばかりを優先した自慰行為に走ってしまうと、どうしても強い摩擦や激しい速度で進める方法に陥りやすく、結果的に早漏になりやすいのです。
長年の誤った自慰が原因で、早漏体質になってしまったと話す男性もいており、性行為の際はもちろんのこと、今では自慰の時でさえ、上手く射精の瞬間をコントロールする事が出来ないと嘆いております。
また練習に相当する自慰行為は満足に行えても、ついつい緊張から、本番である性行為の際に限って、早漏になるという人々も存在します。
その原因はハッキリしており、心理的なストレスや緊張、経験の浅さが要因だと指摘されています。
自慰の際は百パーセント、自分のペースで進められますが、相手が存在する性行為の際は、なかなか自分のペースが守れず、ついつい意図しない瞬間に、射精が起きてしまう場合も多いです。
経験や回数を積み、性行為の質を高めていけば、自然と早漏が克服出来るケースもあり、心理的な成長が、そのコンプレックスを、改善させるといったパターンもあります。
また性行為の内容が早漏といった結果を生む事例もあり、男性ではなく女性の方が主導権を握り、女性主導の流れのまま、性行為を続けていると、どうしても射精のタイミングが早まりやすくなります。
経験豊富な女性がリードする、という方法もはじめのうちは効果的ですが、あまり女性のほうが主導権を握ったままだと、男性の経験が積めず、射精のコントロールが下手になってしまう恐れがあります。
経験が浅い男性はついつい結果を優先してしまう事が多く、すぐに性行為を終えようとしてしまう傾向が強いです。
具体的に言えば、身体の方が満足感を求めるあまりに、射精の速度を無意識的に早めてしまい、性行為が途中で頓挫してしまいます。
若い男性であれば、時間経過と共に精力が回復し、性行為をそのまま続ける事が出来ますが、年齢と共に回復時間が、次第に遅れている点もあり、一度誤って射精してしまった事が大きな命取りになる場合もあります。
変なタイミングで射精してしまい、パートナーに不快な思いをさせてしまったと、感じる男性も世間には大勢います。