早漏がもたらす問題点|早漏防止は早漏の原因を知る事が重要

コンプレックス退治~早漏編~

早漏がもたらす問題点|早漏防止は早漏の原因を知る事が重要

包茎と早漏

世の男性が抱えるコンプレックスの代表例として、包茎というものがあります。
包茎は病気ではありませんが、男性の身体に大きな影響を与える事があり、それが遠因となり、深刻な早漏状態に陥るケースも多いと言われています。
男性器が分厚い皮に包まれたままだと、どうしても男性器が外部からの刺激に弱い状態に置かれます。
仮性包茎であれば、そのリスクは低いとも言われていますが、深刻な包茎状態の場合は、ほぼ例外なく早漏という問題が併発します。
包茎という状態が長時間続くと、外部からの刺激に弱い男性器になりやすく、女性からのタッチ等で過敏に反応してしまい、無意識に射精してしまう事例も存在します。
包茎と早漏の因果関係は非常に強いと言われており、諸外国に比べて包茎の割合が高いと見られる日本人は、自ずと早漏の確率も高くなります。
ただ個人差が大きい点もあり、人によっては男性器を自分で鍛えることで、コンプレックスを解消できる場合もあります。
今ではコンプレックス打破を支援してくれるグッズや医薬品もあり。
何も包茎の男性が、絶望する必要はありません。
また包茎以外にも、性的な経験が少ない男性もまた、射精のコントロールが苦手です。
経験数が少ないと、どうしても射精のタイミングが自分でも理解出来ず、おかしな方向やタイミングで、射精に至ってしまうパターンがあり、恋人や妻に迷惑が掛かってしまう事があります。
自慰の際であれば、射精に至る時間が短くても問題は少ないでしょう。
しかし、パートナーがいる性行為や子作りともなれば、話は変わります。
相手の衣類や髪、顔などに迷惑が掛かっては問題です。
出来れば結婚や婚約を機会にし、コンプレックスの解消に向けて、努力をスタートさせてみましょう。
奥様や恋人に打ち明けるのが無理ならば、時間を作って、こっそりとカウンセリングを受けるという方法も効果的です。
状態によっては医師のコーチングや医薬品の摂取が必要な場合もありますが、その際は専門家の指導に従ったほうが良いと言われています。
要するに早漏は自分一人で抱え込まず、外部の第三者と協力しながら、克服すべき問題と言えるでしょう。
包茎や遅漏といった問題はなかなか身内には相談出来ないでしょうから、積極的に専門家の支援を借りたほうが賢明です。
射精の制御が出来ないままだと、性行為の時間が極端に短くなりますし、女性に対するエチケットとしても、不十分な結果になってしまうでしょう。