早漏がもたらす問題点|早漏防止は早漏の原因を知る事が重要

コンプレックス退治~早漏編~

早漏がもたらす問題点|早漏防止は早漏の原因を知る事が重要

遅漏と早漏の比較

男性器に関わるコンプレックスとして、遅漏と早漏といった問題があります。
遅漏はその名の通り、射精に時間が掛かる状態を指し、一般的な男性よりタイミングが遅れる様子を表す言葉です。
早漏は反対に平均的な人々よりも、射精の速度が早く、自分のタイミングで上手く射精出来ない様子を指します。
どちらもまた男性が他人にはなかなか話しづらいコンプレックスの一つですが、前者の遅漏といった問題はあまり、大きな問題にはならない事があります。
その理由として、性行為の流れが関係しています。
女性を満足させるものは、何も男性器のサイズやテクニックだけではありません。
継続時間もまた満足度を左右する、大事な観点です。
遅漏の場合、他人にも射精のタイミングが遅れるといったデメリットが、むしろメリットに働く事も多く、長時間にわたって女性を満足させる事が出来ます。
そのため女性からの評判が返ってよく、人気が出る事も珍しくありません。
その一方で残念な事に早漏といった症状は女性から嫌われる事があります。
遅漏とは真逆の性質があり、性行為の途中でも勝手に、男性側の都合で、射精してしまうため、女性陣からの評判は正直なところ、とても良くありません。
早漏の彼氏や旦那はお断りという厳しい意見も存在します。
射精のタイミングが上手く扱えないと、寝具やベッドを汚してしまう事もあります。
清潔感を求める女性陣からは、そういった点においてもブーイングが起きます。
また厄介な事に、敏感な男性器を持った人々は、少しの刺激にも反応してしまう事が多く、性行為が盛り上がる前に、無意識的に射精してしまい、恋人をガックリさせてしまうパターンが多々あるのです。
何より情けない射精をしてしまった男性自身が、自責の念に囚われる事になり、自分を物凄く責めてしまう若者も珍しくありません。
身体的な特徴はなかなか自力ではコントロール出来ず、自覚症状があっても、なかなか根性や努力といったものだけでは事態は好転しません。
そういったトラブルが原因となり、性行為の時間が
極端に減っていく事例も数多く、恋人や夫婦の間に溝を作ってしまう問題となりました。
性行為は自分一人の気持ちで進める事が出来ず、普通の男性も、射精のタイミングが早まりやすくなりますが、自慰は男性自身のペース配分で進める事が可能でしょう。
もしも自慰の際も、射精のタイミングがコントロール出来ない事態が続いたならば、自分の体質を観察し、早漏への疑いを持った方が良いかもしれません。